対象グループ

講習会は様々な対象グループ向けに考案されています。

  • ヴァイオリン奏者、音楽学生
  • ヴァイオリン奏者、音楽学生
  • 他の器学奏者
  • 音楽教師向けの研修

音楽家、音楽学生でない参加者向けの講習

  • 子供、青少年、又は大人別のコース

講習内容

対象グループごとに内容は異なります。
講習内容
対象グループごとに内容は異なります。
講習会の目的は著名な音楽家を分析し、各自の演奏テクニックに反映させる事にあります。
その際、解釈について考える事以上に、必要不可欠な運動の流れ、音創りの基礎テクニック、フレージング、変化に富んだビブラート、ステージでの振舞い方などが重要になります。
音楽家、または音楽学生でない人達にとっても演奏の場で起こりうる現象に遭遇する事は、色々な意味で興味深いものです。
楽器演奏の際必要とされる身体の動かし方、さらに感情的内容を移入、表現するなどは音楽家でない参加者でも充分体験できるでしょう。
ここで得た経験が他の多くの分野でも大きな成果につながる事は明らかです。

講習会の流れ

講習はそれぞれ3つのブロックに分かれています。

    1.個人レッスン
    2.個別に行う録画と分析
    3.画像を用いた講演

  • ヴァイオリン講習会の場合はさらに、ピアノ伴奏者との練習、リハーサル、終了コンサートが行われます。

講習日程は参加者の形態と需要に合わせて1日から7日間までで対応しています。

講習会会場

  • Aachen: Haus „L’art du Violon“
  • Bamberg: Otto Friedrich Universität
  • Hauset: Martin Buber Universität
  • Kerken: Gemeindehaus
  • Köln: Hochschule für Musik und Tanz – Sommerakademie
  • Wendlinghausen: Schloss Wendlinghausen
  • Valbert: Haus Nordhelle

最新の講習会プログラムについてはお問い合わせ下さい。