研究


現時点での研究テーマ

  • 姿勢や動き、又は表現力を観察する際の指針作り
  • 動画、写真、図など資料の記録と作成.
  • 現行の、または従来行われてきた教授方法のバーチャル設定
  • 楽器行動学の構成
  • 百科事典の制作 (器楽教授法の参考文書として)
  • 変化(変形)する姿勢、動きの分析
  • 教育課程、または芸術課程の為のバーチャル・テスト、練習方法の確立
  • 芸術課程用の精巧な聴音訓練の確立
  • 教育論文、学術論文の為の各言語による専門語集の作成
  • スポーツ科学で取り組まれている研究テーマ、またはその結論等を導入し、さらに研究を進める

教義

  • 楽器教授法に於ける基礎知識の取得、特に世界的な基礎文献についての知識を深める
  • 様々な様式、ジャンルに於けるソロ曲、室内楽曲を広範囲にわたって熟知する
  • 楽器教授法の見地から、初級用、或いは上級者向けに適した楽曲を選別する能力を身につける
  • 初級用レッスンでの演奏、また習得過程に対して適した理解をする
  • 様々な年齢、また性質、性格を持った生徒が楽器演奏を習得していく過程に於いて、その心理的、物理的変化も多様である事への認識
  • 個別レッスン時に必要な洞察力と計画性を身につける
  • 姿勢や動きのわずかな相違をそのフォームから、或いは生理学的、機能的、美学的見地から識別する
  • 様々な楽器に於いて、古い時代に好まれた姿勢、動きのフォームと現在のものがある事への基本知識
  • 器楽レッスンに応用できる範囲で、生理学、運動学、生物力学の基礎知識を持つ
  • 最新のメディア機器を使った姿勢、動きの分析
  • 個別な楽器特有の生理学的、運動学的、生物力学的理解を深める
  • 楽器演奏時の姿勢、運動フォームの変型、異形に関する論議
  • 年齢別、構成別にテスト生を用いた形式で行う教育実習
  • 教育実習の分析
  • 様々なレベルの演奏を分析する為の指針作り
  • 教授法に関連する心理学の基本概念
  • 各楽器の構造についての基本的な知識とそれを歴史的、または技術的な観点から秩序立てて分類する能力を身につける