演奏家にとって多くの場合、何をするかではなく如何にするか、が大きな課題とされる - この観点から楽器学では、演奏家が実際に楽器を演奏する際に生ずる様々な需要に応えるための研究を本題としています。最新のテクノロジー機器の投入により、数百年に渡って培われてきた楽器演奏教育の伝統に新たな研究分野が開かれました。 楽器学 定義: 楽器演奏をその形式、機能、表現、または体系的見地から分析、提示し、秩序立てる

研究範囲

1 演奏形態学
2 演奏生理学 機能
3 演奏美学 表現
4 演奏教授法 伝達

学術的方向性と活動範囲

  • 実地応用を目的とした基礎研究
  • 系統立ち、経験に基づいたメソードによる習得を目指しています。.
  • その活動範囲は音楽大学等の演奏家養成教育、音楽教育学、歴史的に体系化された音楽学などに及んでいます。
  • テーマ領域、研究メソード、分析の対象になる楽器の選択は常に拡張されています。
  • その領域には自然科学、スポーツ科学、精神科学、文化科学と共通するものがあり、さらに体の姿勢や動き、表現方法に取り組む施設や研究所などと深い関係があります。

関連する学術領域

  • 物理学、生物学、医学
  • スポーツ科学
  • 生物力学
  • 運動力学
  • スポーツ医学
  • スポーツ教育学
  • スポーツ心理学
  • 訓練科学
  • 精神科学、文化科学
  • 教育学、音楽教育学
  • 音楽学
  • 心理学
  • 演劇教育学
  • 舞踏学
  • 芸術学